iPhoneのスピーカートラブルでお困りの方は修理店舗へ

iPhoneのスピーカーが聞こえにくい・・・そんな時は修理店舗で見てもらいましょう! - iPhoneのスピーカートラブルでお困りの方は修理店舗へ

iPhoneのスピーカートラブルでお困りの方は修理店舗へ

iPhoneのスピーカートラブルはよく聞く話です。他人事ではありません。初期不良もありますので機器類の故障は、早めに修理店舗へ持ち込みましょう。とはいえiPhone修理を考える前に、最低限のチェックだけはしておきましょう。恥をかかないようにするためです。

誤設定ではありませんか

壊れた!大騒ぎする人に限って、調べてみると誤設定だった!ありがちです。知人らに迷惑をかけないためにも、最低限のチェック方法を知っておきましょう。
やってしまうのが、脇にあるサイレントスイッチです。オレンジ色の線が見えていませんか。その状態はマナーモードになっています。スピーカーは使えません。
またソフト的に消音設定されていませんか。設定画面から「着信音と通知音」の状態を確認しましょう。これだけでほとんどの問題は解決できます。
ありえないでしょうが、イヤホンが差し込まれていませんか。まさかを思うことこそ、現実にはあるものです。

接触不良もありがちです

歩きスマホは、様々な点で危険です。自分が怪我をしたり、他人へ迷惑をかけます。また気づかない間にiPhoneが壊れてしまう可能性もありますよ。
ジャックにイヤホンやUSBなどを差し込んだままカバンに入れたりしていませんか。変な力が加わると、接触不良になる危険があります。イヤホンを特定の位置にずらした時にだけ聞こえるようになれば、それは間違いなく接触不良です。
イヤホンジャックに異常があると、自動的にエラーメッセージを表示することもあります。同じことが繰り返す場合には、修理した方が良いでしょう。
ただし自分で修理するなら覚悟を決めましょう。簡単なようで難しいですよ。よほどの自信が無ければ、修理店へお願いすべきです。

汚れが原因のこともありますよ

ilmdyjtd
イヤホンから音が聞こえない場合、イヤホン自体が断線している可能性があります。保証期間中であれば無償で交換してくれます。アップルストアに問い合わせてみましょう。
スピーカーからも音が聞こえない時には、イヤホンジャック内や周辺の汚れが原因のこともあります。自動的にエラーを感知してしまうようです。定期的に綿棒や爪楊枝などで掃除することをお奨めします。
スピーカー部分にホコリが溜まっていませんか。家電量販店で売られているエアダスターが便利ですよ。
ホコリを予防するためには、自宅を綺麗にしましょう。またスマホカバーやアクセサリー類が汚れているパターンもありがちです。ジャラジャラしていると、誤作動やフロントパネルの破損にもつながりますよ。

初期不良は要チェックです

スピーカーに関する初期不良も稀ではないようでうす。さらにバグも多々発見されています。買ったら直ぐに、様々な機能を試してみましょう。また定期的にアップルのサイトで情報をチェックしておくと安心です。
よくあるバグは、突然イヤホンモードに変わることです。言語機能を設定しなおすとスピーカーが回復する事例も報告されています。カメラのシャッターを切ることによって復活することもあるようです。ありえないことが起きる、それがバグです。
おかしい場合には、何度か再起動してみましょう。それで安定することもあります。とはいえ繰り返すなら、新しい機器と交換してもらいましょう。

電波状況も確認しましょう

場所によってノイズが入ったり聴こえなくなるなら、電波の可能性もあります。規則性がある際には確認してみましょう。住宅街やビル内では、電波が届きにくいこともあるようです。混線するケースも稀ではなさそうです。

修理店舗へ行きましょう

無理に自分で直そうとせず、スピーカーのトラブルでお困りの方は修理店舗へ行きましょう。とはいえ最低限のチェックだけは忘れないように。単なる汚れであれば、恥ずかしいですね。

おすすめiPhone修理サイト

iPhone修理モバプロ http://mobilephoneprotector.jp/

更新情報

アーカイブ

iPhone修理
iPhone修理情報掲載
Copyright(C)2016 iPhoneのスピーカートラブルでお困りの方は修理店舗へ All Rights Reserved.